「試験データ」
防藻対策で銅板を採用している処理場の皆様!これでも水路に銅板を採用しますか?銅製の水槽では魚は生きることが出来ません!
純銅容器 緋鮒 エアレーション 死滅
打抜き水(飲料用)を純銅容器に汲み置きする。 汲み置き24時間後の水に緋鮒を入れ、エアレーションで空気を注入する。 24〜72時間で死に到る
緋鮒による生体試験報告
・試験に飲料用の打抜き水を使用しました。
・打抜き水の銅イオン量は0.01mg/l、pH値は6.7
・純銅容器に汲み置きした水の24時間後の銅イオン量は0.44mg/l
・24時間後に2匹の緋鮒が死んだ時の銅イオン量は0.45mg/l
・72時間後に緋鮒がすべて死んだ時の水に含まれていた銅イオン量は0.41mg/l
銅濃度と魚(ワキン)の致死時間 表3.6/サイエンティスト社・水生生物と重金属(1)銅より抜粋
環境水銅濃度 10ppm 5ppm 1ppm 0.7ppm 0.5ppm 対照
生存時間(時) 3.6 5.8 21.0 23.5 34.8
銅の毒性試験(TLm試験) /サイエンティスト社・水生生物と重金属(1)銅より抜粋
TLmとは一般的には半数致死濃度と呼ばれており、LC50と同義語である。
供試生物 銅の形態 TLm(Cu ppm) 実験方法
ニジマス
(Salmo gairdneri)
CuSO4 48hr:0.75 換水式
ヒメダカ
(Oryzias latipes)
CuSO4 24hr:7.2
48hr:2.4
72hr:1.8
止水式
止水式
止水式
コイ
(Poecilia reticulata)
CuSO4 24hr:0.42〜0.50 止水式
カキ(日本産)
(Pacitic oyster)
CuSO4 96hr:1.9
96hr:0.56
換水式
流水式
ミジンコ
(Daphnia pulex)
CuSO4 3hr:0.50
6hr:0.35
止水式
止水式
実際の自然環境条件のもとでは、このような短時間だけ高濃度の銅が生物に作用していることは希であり、致死濃度以下での長期間にわたる影響の方が重要である。
銅の水質基準
水産用水質基準 0.05mg/l 水道法による水質基準 1mg/l
農業用水質基準 0.02mg/l 水質汚濁防止法・排水基準 3mg/l
銅がもたらす水生生物に対する警告 /サイエンティスト社・水生生物と重金属(1)銅より抜粋
魚類の生殖に対する銅の有害作用は、水産資源の減少を招くことになるので、漁業被害の立場からは見逃すことが出来ない。
水生生物に対する銅の毒性は、他の重金属と比較した場合、水銀と並んで非常に強く、銅が原因となる水生生物の被害例は数多くみられる。
極く低濃度の銅の場合でも瞬時的に水生生物の生理作用に影響を及ぼす場合もある。特に銅の嫌忌作用などは、漁業活動に重大な影響を及ぼす。
銅は人に対しては毒性が低く、中毒症はほとんど見られないが、水生生物に対しては強い毒作用を示す。
水生生物も銅は栄養素として必須元素であるが、環境中の濃度が高くなると一転して強い毒性を発揮する。
水中の銅はやがては沈降して低質化するので、銅汚染の進行している水域では底質の銅濃度が増加する。
以上のことから、金属銅は人間にとっては有要な金属でも水棲生物には微量の銅イオンの溶出が重大な影響を及ぼすことになります。
防藻対策に利便性を重視して銅板貼り工法を採用する前に、もう一度、水棲生物と共存できる方法を考えましょう。
電力会社など民間企業では防藻・防汚対策で銅板は不採用です。それは漁業被害を回避するためです。
ラインガードは環境に配慮し、水棲生物と共存できるよう、銅イオンの溶出を抑制した防藻塗材です。
銅板とラインガードの銅溶出量の比較
銅板 ラインガード
溶出Cu量
mg/l
溶出Cu量
mg/l
1日浸漬 0.44 0.09
30日浸漬 1.23 0.07
※銅板はラインガードと比較して銅溶出量が1日で5倍、30日では15倍以上です。
ラインガード溶出試験表
試料名\分析項目 Sn Cd As Pb PCB Hg
ラインガード
検出されず
検出されず
検出されず
検出されず
検出されず
検出されず
ラインガード殺菌効果試験表
試料名\細菌数 一般細菌数 (個/ml) 大腸菌郡数 (個/ml)
汚水(下水) 2,000,000 45,000
ラインガード 10,000 0
※このデータは上記の汚水にラインガードを24時間浸漬後に測定した細菌数です。
ラインガード試験成績表
項目 試験成績 試験方法
付着力 14kgf/ 建研式接着力試験による
耐ひび割れ ひび割れなし JIS A-6916 ひび割れが発生しないこと
衝撃試験 異常なし JIS A-6910 変形、はがれ、ひび割れを生じない
吸水試験 0.60 JIS A-1404
透水試験 0.15 JIS A-1404 水圧:3kg/
耐候性 異常なし 促進耐候試験
W-O-M (サンシャイン) 500時間
耐汚染性 良好 浸漬15年 下水処理場(今治市)