「施工要領書 / 標準新設工事」 印刷はこちら
ポリマーセメント系防藻塗材 施工フロー図
作業手順書
分類番号 作業名称
防藻材塗覆工事
作業区分 手順 品質、安全上の急所
準備作業 1.客先との調整
2.仮設足場の架設作業
(1) KY活動の実施
作業内容、作業範囲の確認
(2) 足場の架設
仮設足場計画書に基づき架設する
(必ず2人以上の共同作業とし、材料の受渡しは、相互合図確認しながら作業する。)




安全帯、手袋などの着用。
単独作業の厳禁。
3.材料の保管及び管理
材料搬入立会検収を受けるため、材料の数量が判明出来るように保管する。
(1) 材料の保管は、あげ床のある倉庫に乾燥状態で保管することを原則とする。
(2) 屋外に保管する時は、土・コンクリート面に接する事のないようパレット等を敷き、その上に積み重ねる(※材料別に保管する。)
積み重ね段数は(目安)
Sコンパウンド(25kg/袋)は8段以下
PCエマルジョン(5kg/缶)は3段以下
Cコンパウンド(6kg/袋×2)は3段以下
着色剤(3kg/缶)は1段とする
  材料の周囲は、風雨の場合でも、雨水の侵入のないようにシート数枚を重ね、トラロープ、又は他のロープで固縛する。
(3) 使用材料の空袋・空缶は各工程毎に確認(対設計数量)し、過不足を把握し準備する。
各工程毎に使用数量を監督がチェックすることもあるので、その都度準備しておくこと。
(4) 使用材料は
Sコンパウンド袋、Cコンパウンド袋は、10枚づつ束ね固縛する。
PCエマルション容器はカッターで半分に切り10枚重ねて固縛する。







冬場は、氷点以下になる恐れのある場所には保管しないこと。
本作業 1.ディスクサンダーケレン作業(下地処理)
(1) ダイヤモンド歯付きの治具を使用し、ケレン作業を行う。
(2) 保護具(メガネ、マスク他)を着用し、小型プロワーでエアープロー確認しながらケレン作業を行う。
(3) 施工面の上、下(端部)を+10mmマーキングし、余分にケレン作業を行う。
ケレン残し部分がないか全面確認する。
コンクリート脆弱部を確認する。
(脆弱部がある時は下地材で先行して修復する。)


片手作業厳禁、必ず両手作業とする。
30分毎に休みをとる。
適宜、マスクのフィルターを取替えながら作業を行う 。
ディスクサンダーのスイッチは、手元 ON - OFF 厳守する。
作業通路の整理整頓、コードの流れを確認しながら作業を行う。
2.高圧洗浄作業
(1) 洗浄機の筒先(ノズル)100mm〜150mm距離をキープし施工面にノズルを直角に向け、全面洗浄する。
洗浄機の吐出圧:150kg/cm2以上であることを確認する。
洗い残し部がないか全面確認する。
コンクリートの水引き状態を確認する。


単独作業は厳禁。
必ず2名以上の共同作業とし相互監視を行うこと 。

洗浄ノズルのレバーは固縛しないこと。
作業通路の整理整頓、高圧ホースの流れ、ねじれ等の修正を確認しながら作業を行う。
3.墨打ち・墨出し作業/養生作業
(1) 設計寸法通りマーキングを行い、養生(マスキングテープ)作業を行う。
材料が飛散、落下するため、作業面の下部周辺のチェーンフライト、ホイール等はビニールシート等で養生する。
4.ピラコート及びラインガード調合・混練作業
(1) 材料の調合・混合
規定量のエマルジョンを混合容器に入れ撹拌し、各種塗材を下図の手順で混練する。


材料は必ず、十分に撹拌すること。
調合した材料は使用直前に再度撹拌し、使用すること。

(2) 下地材・防藻材の塗覆面積
○ピラコート(下地材)50kg/セット 約12.5m2/2mm厚
○ラインガード(防藻材)50kg/セット 約16.6.0m2/1mm厚

材料の混合。
ラインガードは水で希釈しないこと。
材料の混合は各混練材料の
1/2づつ調合する。
夏季は乾燥が早いので各混練材料の1/4づつを調合する。
混合容器の隅部は、特に入念に撹拌する。
気温5℃以下での調合はしないこと。
5.ピラコート(下地材)及びラインガード(防藻材)コテ仕上げ作業
WET・ゲージで膜厚を確認しながら、コテ仕上げ作業を行う。
●ピラコート(下地材) 平均2mm厚
●ラインガード(防藻材)平均1mm厚

(1) ピラコート(下地材)コテ仕上げ作業
コテで2回塗りをして2mm厚に平滑に仕上げる。
(1回塗り1mm厚)
コテ仕上げ作業後、養生テープを取り除き、端部を再度コテ押さえで仕上げる。
(目安)材料の半硬化時
(2) ラインガード(防藻材)コテ仕上げ作業
コテで2回塗りをして1mm厚に平滑に仕上げる。
(1回塗り0.5mm厚)
ピラコート(下地材)より5mm上方に養生テープを貼り、コテ仕上げ端部は図の様に埋める。


コテ仕上げ作業後、養生テープを取り除き、プラスチックコテを使い入念に表面、端部を仕上げる。
(目安)材料の半硬化時 。


作業後降雨が予想される時は必ず塗覆部をブルーシート等で多い養生する。
膜圧の確認。
使用材料の確認。
ピラコート
 1mm厚 2kg/m2
 2mm厚 4kg/m2
ラインガード
 1mm厚 3kg/m2
作業通路の整理整頓を行う。

混練塗材について
塗材は30〜60分で使い切る。
夏場は15〜30分で使い切る。

作業について。
5℃以下での施工はしないこと。
必ずコテ塗りで仕上げること。
刷毛引きで仕上げないこと。
下地材はゴムコテ、防藻材はプラスチックコテを使用する。
後始末作業 1.完了検査
ラインガード(防藻材)コテ仕上げ作業完了後、客先の立会検査を受ける。
検査項目 ●外観検査(施工範囲の確認)
●膜圧・出来形検査
●使用済材料(空袋、空缶)検査
2.仮設足場解体、及び清掃
(1) 客先による立会検査後、仮設足場解体作業を行う。
(必ず2人以上の共同作業とし、材料の受渡しは、相互合図確認しながら作業する。)
(2) 足場材を槽外搬出後、槽内及び周辺の清掃作業を行う。
(番線、落下材料の除去。 )
(3) 作業終了後、客先の確認を受ける。
清掃後の廃棄物、使用済材料(空袋、空缶)は全て場外排出処分とする。

安全帯、手袋などの着用。
単独作業の厳禁。
標準工程表(施工面積:200平方メートルの場合)